ポイントサイト・ハピタスを選んだわけ

*以下、私がハピタスを選ぶまでの経緯を語っています。長文となりますでご時間があるときにお読みください。

そもそも、ポイントサイトを利用し始めたのはなぜか?

きっかけは2つあった。

ひとつは、あるネット銀行を開設した時のこと。当時、口座維持費用として200円ほどかかっていた。それが無料にできる方法として、勧められたのが、ポイントサイトの登録だった。使うかどうかわからないが、維持費がかかるくらいならの気持ちで登録した。

もうひとつは、ネット副業の一覧にポイントサイトがあった。スキマ時間に手軽に進められる!との謳い文句にあやしさを感じながらも、手が出てしまった。

ゲーム感覚ではじめられ、気づくとポイントが貯まっていた。目標交換ラインまで貯めていくことがいつしか日課となっていた。

これまで利用してきたポイントサイト

  • げん玉
  • potora
  • フルーツメール
  • CMサイト

ログインするたび、メール案件消化やサイト内のポイント獲得に勤しんでいた。サイト内では、キャラクターたちがにこやかにしていて、そこだけ切り取ると、まるで遊園地にきているような錯覚におちいていた。

ただ、不満はあった。時間がかかるのだ。

例えば、ひとつのサイトでメール案件・ポイント獲得を行うと10分ほどかかる。

「なんだたかが10分じゃん。」

ところが、サイトが2つ3つ・・・と増えていくとその分時間を費やさないといけない。さらにサイト内で、広告案件に手を出すと20分以上かかることも・・・。ゲーム要素があるポイントサイトでは、ゲームの進捗状況がポイントの有無にかかわってくるのもあった。

「この時間帯が熱いんだよな・・・。」

「ここであのアイテムカードがあればな・・・。」

「あと一マスでゴールなのに・・・。」

結果、深みにはまってしまい、すべてのサイトを見回るだけで、1時間は過ぎていることもあった。

ポイントが貯まるたび、何か達成感に近いものを得ていた。交換ラインに近づいていくと、ワクワクしだしていた。でもある日、虚しさを憶え、そして嫌気がさした。

はじめはスキマ時間ではじめていたのに、いつしかポイントサイトに漬かり切ってしまった。しかも生活サイクルまで、ポイントサイト中心になってしまった。どこかギャンブルにはまるひとに共感を覚えてしまった。

そんなときに見つけたのが、ハピタスだった。

やることが少ない

ハピタスでできること、それは買い物で貯めるのみ。とにかくシンプル。最低交換ラインも300ポイントなので、途中で挫折しない。心理面での負担がすくない。なかなか到達できないと、いらだちを覚えてしまう。娯楽なのになぜ?

こうした経緯で、ハピタスに落ち着いた。

山のような案件メールやゲームに費やしていた時間から解放された。今はそれがただただ嬉しい。もちろんハピタスも案件メールがくるが、少ない量なので、週一回で消化すれば済むので気楽だ。

これまでのような深入りは避けて、ゆるく長くつきあっていければのスタンスで取り組んでいくので、暖かい目で見守ってください。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ではでは。

追記

もし、私宛に熱いメッセージあればお問い合わせからお送りください。2日以内には、お返事できるようにします。遅れても「仕方ねーな」くらいに広いこころでお待ちください。

メッセージを送りたい